資格学校Wセミナー徹底解説!!テキスト・サポート・合格実績・価格について5段階評価!!資格試験対策に通学・通信教育を検討されている方、失敗しない資格学校選びにご活用下さい!!
資格試験ドットコム
ホーム >> 資格試験講座 >> 厳選!学校通信簿 >> Wセミナー早稲田セミナー    最終更新日:2006.1.16

Wセミナー/資格学校徹底解説


当ページでは、Wセミナーについて総合評価テキスト充実度サポート合格実績価格の5項目を他の資格学校との相対評価のもと、5段階評価を実施!!また、Wセミナーの資格学校解説についても独自のコメントを交え紹介!!更に、Wセミナーにて受講可能な資格試験講座を紹介!!「失敗しない資格学校選び」のチェックもお忘れなく!!資格学校選択の参考にご活用下さい。


資格試験ドットコム ホーム   資格試験講座   ホームページ運営講座   自己啓発講座   リンク集

Wセミナー(早稲田セミナー)


資格学校通信簿
(Wセミナー(早稲田セミナー))


総合評価




難関資格の合格実績が豊富。講座で使用するオリジナルテキストは、市販されており人気シリーズが多い。独学生も多く使用している。
講座が豊富なため、弱点を重点学習する際は有効な学校のひとつ。



テキスト




オリジナル教材を使用。市販の出版も行っており、分かりやすく多くの独学生が使用しているテキストの一つ。
司法書士「デュープロセス」の著者は、Wセミナー看板講師、竹下貴浩氏。



サポート

無料自習室や、空き教室開放など、通学生にとってのバックアップシステムは充実している。また、受講料の優遇制度が豊富にあるので、自分が条件に該当するか一度調べてみる価値あり。該当すれば大幅な受講料割引になる。



合格実績



司法試験司法書士弁理士不動産鑑定士等、難関資格の合格実績は1!!



価格




パック講座については、大手資格学校と比べ若干安い。しかし、実力に合わせた様々な講座が用意されており、弱点部分を重点学習するには受講しやすい価格になっている。



資格学校解説
(Wセミナー(早稲田セミナー))


Wセミナー(早稲田セミナー)の特徴は講師陣にあります。


各資格業界でも実力派の講師陣が揃っており、Wセミナーの出版するテキスト教材には定評があります。

またWセミナーでは多くのコースが用意されています。

総合コースに入学するのもよいですが、市販のテキスト教材をで独学、答練コースで実力アップを目指すのも学習方法のひとつです。費用を押さえることもできます。


受講可能な資格
(Wセミナー(早稲田セミナー))


司法書士弁理士行政書士社会保険労務士税理士日商簿記検定宅地建物取引主任者ファイナンシャルプランナー

Wセミナー を選択肢とし迷われている方は公式HPへどうぞ

資格試験/法科大学院/司法書士/行政書士/公務員試験/就職試験の事ならWセミナー

  ⇒ 資料請求を迷われている方 差が付く資料請求活用法 をご覧下さい!!

資格試験
資格試験ガイダンス
資格があなたの可能性を広げる
取得を目指す資格の決定方法
人気資格ランキング(資格試験の現状)
資格試験勉強法
差が付く資料請求活用法


厳選!資格通信簿
資格別、受講可能資格学校一覧
司法書士
行政書士
弁理士
社会保険労務士
公認会計士
税理士
日商簿記検定
中小企業診断士
ファイナンシャルプランナー
不動産鑑定士
土地家屋調査士(測量士補)
宅地建物取引主任者
基本情報技術者
初級シスアド


厳選!学校通信簿
資格学校別、受講可能資格一覧
ユーキャン(U-CAN)
資格の学校TAC
資格の大原
日本マンパワー
クレアール
ヒューマンアカデミー
ダイエックス(DAI-X)
全国教育振興会
Wセミナー(早稲田セミナー)
LEC東京リーガルマインド
早稲田法科専門学院
Newton(ニュートン)TLT


スキルアップ
ホームページ運営ガイダンス
インターネットの利用状況
ホームページ運営のメリット
実践からマーケティングを学ぶ


ホームページ運営実践講座
ホームページ開設までの道のり
SEO対策・アクセスアップの考え方
訪問者のニーズを敏感に掴み取る
アフィリエイトで訪問客の
              誘導術身に付ける
誰もがはまる落とし穴


自己啓発実践講座
趣味講座でスキルアップ
読書は安価な自己投資
成功者のノウハウは成功への最短距離
ライバルに差を付ける情報の入手先



〜失敗しないための資格学校選び〜
現在、資格取得はブームとなっており、年間100万人を超える人が資格を目指している状況です。資格市場も1000億円を超え、ひとつの産業として成り立つようになりました。このような背景のもと、近年数多くの資格学校が設立され、受験生は多くの選択肢を持つようになりました。
では、数多く存在する資格学校の中からどういった視点で選択すればよいのでしょうか?
ここでは私自身が学校を選ぶときのチェックポイントを参考までにご紹介したいと思います。
まず選択肢としてあげた学校から情報を仕入れることから始めます。情報源はホームページ資料請求用のパンフレットまたは、資格学校が開催するガイダンスです。また意外に知られていませんが、資料請求者限定の割引サービスなど各種割引サービスを取入れている学校も多く存在します。こういった情報を見逃さないためにも、較する情報を入手することが大切です。
以下の項目は、入手した情報から私が資格学校を選ぶときの重点チェックポイントです。
通信講座の場合、質問回数が無制限か?(学校によって回数限定の場合あり)
模擬試験・答練が充実しているか、力を入れているか?
(アウトプットは多ければ多いほど実力が身に着く。予想問題にもなる)
サポート体制が充実しているか?
(通信講座の場合、E-mailでの質問が可能であればベスト。回答までの時間短縮になる)
合格実績は多いか?
(「分かり易い教材」「価格が安い」、しかし合格できなければ意味がない)
受講生の人数は多いか?(人気は一つの評価基準。資格学校のことは受験生に聞くべし)
また、これらの情報がホームページ、パンフレットに掲載されていない場合はE-mail、TEL等で直接確認してみます。

学校・教材選びは合格への重要なポイントです。いわば学校・教材は運命共同体のようなものです。多くの情報を入手し、徹底的に比較して選択されることをお勧めします

〜人気資格・学校ランキング〜

人気資格学校ランキングコーナーでは、当サイトのページアクセス数より算出した「資格」「資格学校人気ランキングです。更新は月1度行っていますので、定期的なチェックを!!
平成16年度人気資格ランキング(受験者数より算出)については、人気資格ランキング(資格試験の現状)をどうぞ!!

人気資格ランキング
資格1位   司法書士
資格2位   行政書士
資格3位   中小企業診断士
資格4位   社会保険労務士
資格5位   宅地建物取引主任者

人気学校ランキング
資格1位   ユーキャン(U-CAN)
資格2位   資格の学校TAC
資格3位   日本マンパワー
資格4位   クレアール
資格5位   ヒューマンアカデミー

資格試験ドットコム ホーム   資格試験講座   ホームページ運営講座   自己啓発講座   リンク集

サイトマップリンク・免責事項相互リンク・お問い合わせ
Copyright© 2005-2006 資格試験ドットコム. All rights reserved.
「当サイトを無断で転載、複製する事は禁止します。」